知っておきたい!保育士転職のベストなタイミング | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

知っておきたい!保育士転職のベストなタイミング

272460保育士という仕事をしていると、辞めるタイミングって難しいですよね。

保育現場は常に行事や雑務があり、自分が抜けることによって同僚や子ども達に迷惑が掛かってくるので、どうしたらいいのか悩んでしまうケースもよくあります。

そんな悩める保育士さんのために、保育園を辞めるベストな時期とタイミングを紹介したいと思います。

保育士転職に適したタイミング

辞めると決めた保育士が選ぶタイミングとして最も多いのが「年度末」です。

保育園では担任を持つことが多いので、産休や病欠以外でクラスを離れる先生は少ないと思います。

なぜ途中で退職しないか?と言うと、年度途中で先生が変わってしまうと、子どもや保護者が不安を感じたり、不信感を持つことが考えられるので、特別な理由がない限り、年度末まで働く方がほとんどです。

もし年度終わりまで働くなら、1月中には上司に退職の意思を伝えるのがベストでしょう。

早めに伝えないと来年度のクラス構成や行事の担当にあなたの名前が入ってしまうので、迷惑をかけないためにも、「年度末で退職したい」という気持ちをしっかり伝えましょう。

新しい保育士を採用してから辞める

255457退職する際に問題になるのが人材不足です。

退職するときには誰しも「保育園に迷惑をかけたくない!」と思っていますが、ギリギリの人数しか雇用していない保育園も多く、すぐに辞められると、保育園自体の経営が困難になる可能性もあります。

そうなれば他の職員の勤務時間は長くなり、勤務体制も変わってきますし、 また、クラスにもすぐに後任保育士がいないことになるので、子ども達も落ち着かない日々を過ごすことになってしまいます。

そうならないためにも退職意思を早めに伝え、後任保育士が見つかってから退職できるように調整してもらうことが必要です。

こうすることで、引継ぎもできるので子ども達も安心して馴染めると思います。

行事があると辞められない!

198185保育園には大小様々な行事がありますが、代表的な行事を挙げるなら

  • 運動会
  • 生活発表会
  • 親子遠足

などは特に有名ですね。

これだけだと「ちょっと少ない!?」と思われる方もいるかもしれませんが、他にも

  • 芋ほり
  • プール遊び
  • 奉仕作業
  • 農業体験

などの小さな行事も目白押しです。

そんな保育園の行事ですが、事前の準備も沢山あるので、行事だけ乗り切れば良いというものでもありません。

例えば、運動会の時期に「辞めたい」と伝えても、よほど理解のある上司じゃないと辞めることはできません。

そんな時は、行事が終わって職員に余裕が生まれたころに退職するのがおすすめです。

行事後に辞めるなら、事前に「忙しい時期が終わってから退職させていただきます」と伝えて、事前に許可をもらいましょう。

最初は「すぐに辞めたかったのに…」と思いますが、大きな行事を終えた後の方が周りの目が厳しくないので、気持ち良く退職できると思います。

ボーナスの後すぐに辞めるのはNG

231542 一般企業ではボーナスを受け取って辞めるのが一般的ですが、保育園では妊娠や病欠以外のタイミングで辞められると不満の声があがること間違いなしです!

何故なら、子ども達と関わる仕事なので、自分の都合ばかりを押し付けて勝手に辞めてしまうと迷惑がかかるからです。

これでは職員から批判を受けても仕方がないと思います。

少しでも周りの人のことを考えるなら、賞与だけ受け取るなんて、いいとこ取りをせず、年度末まで働いて退職する方が人間関係を壊さずに仕事を終えることができそうですね。

まとめ

保育士の退職や転職のベストなタイミングを紹介してきましたが、どうしても精神的に不安定になったり、鬱傾向にある場合は例外です。

そんな時は、年度途中であっても上司に相談したり、同僚の先生にも理解してもらい途中退職することも視野に入れて検討してみてください。

保育士は体が資本なので、体調を崩してしまっては元も子もありません。

「でも、言い出し辛いし…」と思うかもしれませんが、しっかり理由を話せば、退職の時期を早めてくれたり、「行事が終わるまで」「来月いっぱいまで」など具体的な指示が得られるはずです。

どうしても聞き入れてくれない場合は、お医者さんに診断書をもらうなどの対策も必要になってくるかもしれません。

どちらにせよ、保育園側としては急に辞められると都合がつきにくいので、ある程度、園側の意思も尊重しながら確実に話を進めていくことをお勧めします。

保育士の退職や転職のタイミングは本当に見極めが難しいですが、社会人として責任のある辞め方をする方が、後々転職する時にもプラスに働くと思うので、良く考えてから行動しましょう。

shisdizokwm1ecb1483942109_1483942139保育士の転職に強い求人サイトBest3

保育士バンク
保育士バンク求人件数50,000件超と保育士業界では圧倒的なシェアを誇る保育士求人サイト。北海道から沖縄まで全国の保育士の正社員やパートの保育士求人や、幼稚園教諭求人を探す事ができます

保育ひろば
保育ひろば日本全国の保育士求人を常時11,000件以上掲載している保育士求人サイト。正社員求人以外にも保育士派遣の紹介にも強いのが特徴。地域、雇用形態、施設形態、こだわり条件から目的の求人を簡単に探せます

スマイルサポート保育
スマイルサポート保育全国エリア対応の保育士求人サイトですが、特に関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木)の求人数が多いのが特徴です。無料登録後、キャリアアドバイザーからの電話連絡で本登録が完了します

サブコンテンツ

このページの先頭へ