院内保育所での仕事内容や求人について | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

院内保育所での仕事内容や求人について

295987院内保育所という保育施設をご存じでしょうか?

院内保育所は病院で働くスタッフのために設けられた保育施設のことで、保護者が出勤してから退勤するまでの間、子ども達を預かり保育するのが院内保育所の役割です。

そこで働く保育士は施設の規模は大きくないですが、アットホームな関わりができる魅力があり、保育士の転職先としても人気のある保育所です。

ここでは院内保育所とはどんな施設で、働く保育士にとってどんなメリット・デメリットがあるのか詳しくご紹介します。

院内保育所の保育士の仕事内容とは?

200513院内保育所とは、病院で働く医師や看護師の子どもを対象にした保育施設で、保護者が働きながら安心して子育てができるように設けられている保育所です。

そもそも、看護師の9割以上が女性ということもあり、出産や育児を経験する人数も必然的に多くなります。

そんな中、保育所が完備されていないと職場復帰できない看護師増えるとともに、退職者を増やす結果になる事も考えられます。

また、病院側としても中堅看護師に辞められると業務が滞る可能性があるので、院内保育所を設置してでも働いてほしいのが本音でしょう。

そこで気になるのが院内保育所の仕事内容。

院内保育所は、働く保護者の勤務時間に合わせてシフトを組むので、毎日同じ時間に働けるという訳ではなく、もちろん夜勤などがある保育所も沢山あります。

24時間保育を実施している施設では、20時に出勤し、翌朝9時に退社するようなシフトを組むことが多く、交代で仮眠が取れる保育所もありますが、人数が少ない場合は一人勤務なので、仮眠を取ることが出来ず、とても過酷な勤務を強いられます。

また、一般の保育園のように毎日同じ子がクラスに集まるのではなく、その日その日で登園する園児も違ってくるので、クラスを仕切らずに縦割りで保育をすることが多く、乳児の割合が多いのも特徴です。

ただし、一般の保育園でよくある大きな行事がない施設が多いので、保育士の負担は軽減できるので安心してください。

院内保育所で働く保育士のメリット

014379院内保育所で働くメリットは、小規模な保育施設が多いので子ども達とじっくり関われ、アットホームな環境を提供できる点や、待遇面で優遇されている保育施設が多い所です。

また、0歳から6歳のお子さんがいる方の場合は、一般の保育園に預けると子どもの熱が上がった際にお迎えに行かなければなりませんが、院内保育所なら保護者との連絡が取りやすく、万が一の緊急を要する時でも、すぐに駆けつけれるので安心して子どもを預けて働く事ができます。

大きな行事が無いので、準備や製作という保育士特有の負担が軽減されるので、ストレスなく働くことが出来るのもメリットですね。

行事が無いということは、残業も少なく、子育て中の保育士さんにも嬉しい施設です。

院内保育所で働くデメリットは?

115732院内保育所で働くデメリットは、一般の保育園では考えられない勤務体制であること。

24時間365日休まずに運営される保育所が多いので、固定の勤務が難しく慣れない人は体調を崩してしまうことも少なくありません。

また、プライベートと仕事の両立やバランスが取り辛いので、職員の入れ替わりが激しいのも事実です。

ただし、どこの病院にある託児所も夜勤があると決まっている訳ではないので、どのような勤務体制かをあらかじめチェックしておきましょう。

小規模な保育所が多い院内保育所では、園庭が無かったり、保育室が狭かったりとイメージとはかけ離れた環境で保育を強いられるケースも多く、保育のノウハウや行事などを運営するスキルが身に付き辛いと言えます。

病院内にある保育所なので、感染病や伝染病のリスクが一般の保育園より高く、特別な対策が必要になることも想定できるので、病気に関する知識もある程度は必要になります。

院内保育所の保育士求人の探し方は?

159103院内保育所で働きたいと思っても「求人事態を見つけられない!」なんてこともよくあります。

これは、院内保育所は小規模な施設が多いので、求人数も必然的に少なくなりがちだからです。

また、好条件の総合病院内の保育所の場合、福利厚生が充実している、給料が高いなどの理由で、応募が殺到するケースもあるので、あえて非公開にしている求人も多数あります。

では、どうしたら院内保育所の保育士求人に巡り合えるか?と言うと、ハローワークに通ってコツコツ探したり、知人に紹介してもらうという方法もありますが保育士求人サイトから検索してみるのが一番情報量も多く、転職サポートも充実しているのでオススメです。

まずは、保育士求人サイトに登録し、専門のキャリアコンサルタントに希望する条件を相談しながら、その条件に合った病院の保育所の求人情報を紹介しもらうようにしてください。

「○○病院の中にある託児所で働きたい」という希望する就職先・転職先がある方こそ、まずは保育士求人サイトから覗いてみましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ