認可保育園に転職するメリット・デメリット | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

認可保育園に転職するメリット・デメリット

288761ここでは認可保育園に転職したい保育士のために、認可保育園で働く場合のメリット・デメリットについて詳しく紹介します。

認可と聞くと「安心」「信頼できる」「給料が安定している」など連想されることが多いですが、働いたことが無いと、どのような施設なのか?全然知らない方もたくさんいるかと思います。

認可保育園は公立と私立の2つに分けられており、それぞれに特徴があるので、しっかり理解した上で転職することをおすすめします。

認可保育園のメリット・デメリットを知って賢く転職しよう!

認可保育園に転職を考えるなら、公立と私立では大きく異なります。

それぞれの特徴をしっかり把握しながら転職先を探すようにしましょう。

認可保育園の特徴

175980

認可保育園は児童福祉法に基づいている運営されている保育園で、保育士の数や施設の広さ、環境衛生、防災など、国の基準を満たし許可を得た保育園だけが名乗ることができます。

認可保育園には公立と私立があり、どちらも公費で運営されているので、保育料の自己負担額が少ないのが魅力的で、待機児童の数が多くなかなか入所できない地域もあります。

公立・私立と書きましたが、仕事の内容はどちらもほとんど同じで、「保育に欠ける子ども」の成長を手助けする役割を担っている保育園です。

認可保育園で働くメリット

251726認可保育園にはたくさんのメリットがありますが、国の基準をクリアしているので保育環境も整い、異年齢の子どもを見るのではなく、各年齢ごとの担任と保育室が完備されており、年齢に合わせた保育をすることができること。

また、保育士の数も年齢によって決められているので、保育士の負担の軽減されます。

それでは、公立・私立の違いを見ていきましょう。

まず公立認可保育園の場合は、採用されるための試験が必要なので、入るのが難しいのですが、収入が安定しているので、長く保育士を続けやすい職場となっています。

他にも、公立は働く保育士の年齢層の幅が広いので、経験の少ない保育士への指導が行き届きやすくなっています。

私立の場合は、独自の保育方針があるため、自分の働きたい保育環境にマッチしていれば保育士として成長できるしとても刺激になる職場となります。

私立の保育園は年齢層が低めなので、同世代の先生たちと和気あいあいと保育ができる環境にあります。

認可保育園で働くデメリット

183556それでは認可保育園のデメリットを見ていきましょう。

まず公立の認可保育園の場合は、給料や待遇面でとても優遇されていますが、求人の倍率が高く、年齢や受験資格などの条件が多いので、すぐに転職したい方や年齢が上の方は求人対象にならない可能性もあります。

また、求人が無い年があったり、公立保育園の中で数年に一回異動があるので、職場に馴染めないという声もよく聞こえてきます。

次に私立の認可保育園の場合は、給料が公立に比べて低い所が多く、キャリアを重ねても大幅な昇給が見込めない園も沢山あるので、事前にしっかりと確認しておくことが必要です。

また、産休や育休の制度が整っていない保育園もあるので、退職を余儀なくされるケースもあるので、ココもしっかりチェックしておきましょう。

認可保育園に向いている保育士とは?

これまで認可保育園の良い所や悪い所を紹介してきましたが、実際どんな保育士に向いているのでしょうか?

  • 環境が整っている保育園で働きたい!
  • 各年齢に合った保育を提供したい!
  • 自分の保育スキルを伸ばしたい!
  • 安定した収入を望みたい!

このような方にとても向いている転職先だと思います。

認可保育園への転職を成功させるポイント

191076認可保育園に転職するためには、公立と私立では大きく違ってきます。

公立で正規職員で働きたい場合は、自治体が実施する保育士採用試験に合格することが必要です。

申し込みは7月~9月の間に自治体より募集要項が出るのでしっかりチェックしましょう。

公立の採用試験は、年齢制限があったり、居住地の指定がある場合も考えられるので、確認してみたけど、よく分からなかったなら、直接問い合わせをすることをお勧めします。

私立の場合は、保育士求人サイトを活用しながら探す方法がおすすめです。

求人サイトの登録が必要になりますが、もちろん登録や利用に料金は一切かかりませんし、ハローワークと比べても求人数が多く、条件に合ったものを紹介してもらえるので、転職先を検討する時にとても便利です。

また、保育園の内部・外部情報が分からない場合は、ネットなどで自分で調べるのも一つの手ですが、ネット上には乏しい情報しか無かったりすることも多いので、なにか聞きたい、知りたい情報があるなら保育士求人サイトの転職コンサルタントに相談して、「こんなところで働きたい」「ココがいい」という、自分自身が納得できる職場を探しましょう。

認可保育園のシステムは理解できたでしょうか?

別の保育園への転職を考えているなら、自分の出来ること、やりたいこと、今後を見据えて、自分にピッタリの保育園を探し、後悔しない選択をしましょうね。

shisdizokwm1ecb1483942109_1483942139保育士の転職に強い求人サイトBest3

保育士バンク
保育士バンク求人件数50,000件超と保育士業界では圧倒的なシェアを誇る保育士求人サイト。北海道から沖縄まで全国の保育士の正社員やパートの保育士求人や、幼稚園教諭求人を探す事ができます

保育ひろば
保育ひろば日本全国の保育士求人を常時11,000件以上掲載している保育士求人サイト。正社員求人以外にも保育士派遣の紹介にも強いのが特徴。地域、雇用形態、施設形態、こだわり条件から目的の求人を簡単に探せます

スマイルサポート保育
スマイルサポート保育全国エリア対応の保育士求人サイトですが、特に関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木)の求人数が多いのが特徴です。無料登録後、キャリアアドバイザーからの電話連絡で本登録が完了します

サブコンテンツ

このページの先頭へ