私立保育園に転職するメリット・デメリット | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

私立保育園に転職するメリット・デメリット

284817どの地域にも私立の保育園はあると思いますが、公立保育園と私立保育園の違いは何か?分からない人も多いのではないでしょうか?

私も自分が働くまではあまり理解していませんでした。

実際働いてみると私立ならではの経営方針があるので「凄い」と感心することもありましたが、「どうして?」と疑問に思うことも沢山ありました。

ここでは私の経験や保育士の口コミを元に、私立保育園に転職したいと考えているあなたへ転職するメリットとデメリットや求人の効率的な探し方について詳しく紹介します。

私立保育園のメリット・デメリットを知り賢く転職しよう!

私立保育園は、自治体が運営していない保育園ということはわかりますが、実際どんな保育園のことを指しているのでしょうか?

ここでは、私立保育園ならではの特徴を紹介します。

私立保育園の特徴とは?

私立保育園で最もポピュラーなのは、家族経営の社会福祉法人園。

私立保育園の母体はこの社会福祉法人である場合が多いと思います。

社会福祉法人は複数の施設を経営している事が多く、法人内での転勤はあるものの、同じ保育園に長く勤められる可能性が高くなります。

また、独自の運営による保育園のカラーが明確なので、子ども達にどんな保育を提供しているのか?具体的に知れたり、延長保育や休日保育の実施を推奨している保育園も多いので、総合的に見ると現代社会のニーズに合った保育園だと思います。

私立保育園で働く保育士のメリット

047598私立保育園のメリットは、経営母体によって特徴がはっきりしているので、”食育”に力を入れていたり、勉強や運動に特化していたりと、それぞれの園に独自のカラーが存在します。

その為、転職する際に自分に合った園を見つけることができれば、この上ないやりがいを感じることができるので、働いていてとても楽しいと思います。

また、私立の場合は転勤自体がほとんどありません。

法人内の移動はありますが、県をまたぐような大幅な転勤がないので「また最初から覚えなきゃ…」「人間関係もやり直し…」なんてことも少ないのも魅力的な一面だと思います。

長期間に渡って同じ職場に勤務できるので、同年代や顔や気心の知れた保育士が多ければ、一緒に行事や保育に頑張れますし、とても励みになります。

給料面も厚生労働省の施策で少しずつ改善されつつあるので、今後にますます期待したいですね。

私立保育園で働く保育士にはどんなデメリットがある?

198185私立保育園は

  • 方針
  • 特徴
  • 待遇

などの情報をしっかり確認しておかないと、入ってから

「自分に合っていなかった…」
「給料が低い…」

なんて愚痴をこぼす先生も多く見かけました。

近年、少しずつ給料も上がり昇給もあると言われていますが、実際は給料が低い園も多く、昇給も見込めないので長く続けるのが困難な場合もあります。

はっきり言うと、「一人暮らしでは生活していくのがやっと…」というのが事実です。

また、私立保育園は転勤が少ないのは良いのですが、一度人間関係がこじれてしまうと、修復が難しく、中には退職せざるを得なくなってしまった保育士も沢山います。

もちろん、給料も全ての保育園が低賃金な訳ではありませんが、安月給で働いている保育士が多いのも事実なのです。

他にも、延長保育の時間が長いため、保育士の負担は大きく、持ち帰りの仕事も必然的に増えたり、育休や産休の制度が整っていない園もまだまだ多いので、妊娠したり結婚した場合退職を余儀なくされるケースもあります。

転職・就職すると決めたら

  1. その園が長く働ける園なのか?
  2. 昇給や制度など必要な条件が整っているのか?

この2点だけでもしっかり確認することをお勧めします。

私立保育園へ転職、就職を考えるする保育士のためにポイント紹介

267450私立保育園は独自のルールに乗っ取って運営されていることが多く、経営母体や施設によって昇給の基準が異なっているので、事前にその園についての調査が必要です。

私立保育園は公立に比べると離職率も高く、環境が整っていない園も沢山あるので、慎重に見極めてから転職を決めなければなりません。

また、私立保育園はそれぞれに特色があるので、自分のしたい!やりたい!保育を明確にして、「これなら自分の望む保育ができそう」と思えるような保育園を見つけることから始めてみてはいかがでしょうか?

公立とは違い、勤務時間や仕事内容が大変と言われる園も沢山ありますが、「やりがい」という点ではとても充実した日々を送ることができると思います。

実際、私も私立保育園で得た知識やマナー、保育方法などは今でも素晴らしいと感じています。

転職に困ったら、保育士求人サイトなどを利用して、専門のキャリアコンサルタントに相談するのも一つの手だと思います。

少しでも私立保育園への転職に興味があるなら、参考にしていただけると幸いです。

shisdizokwm1ecb1483942109_1483942139保育士の転職に強い求人サイトBest3

保育士バンク
保育士バンク求人件数50,000件超と保育士業界では圧倒的なシェアを誇る保育士求人サイト。北海道から沖縄まで全国の保育士の正社員やパートの保育士求人や、幼稚園教諭求人を探す事ができます

保育ひろば
保育ひろば日本全国の保育士求人を常時11,000件以上掲載している保育士求人サイト。正社員求人以外にも保育士派遣の紹介にも強いのが特徴。地域、雇用形態、施設形態、こだわり条件から目的の求人を簡単に探せます

スマイルサポート保育
スマイルサポート保育全国エリア対応の保育士求人サイトですが、特に関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木)の求人数が多いのが特徴です。無料登録後、キャリアアドバイザーからの電話連絡で本登録が完了します

サブコンテンツ

このページの先頭へ