保育士の給料が思っていた以上に安くて辛い | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

保育士の給料が思っていた以上に安くて辛い

254245保育士ってどの求人情報を見ても給料が安くてびっくりしますよね!

私も手取り14万円の保育園で働いた経験があるので良く分かります。

保育関係の全体的に仕事もハードで、サービス残業が多いことでも知られていますが、この給料じゃ正直報われません。

そこで、なんで保育士の給料がこんなにも安いのか?その理由や対策についてご紹介します。

保育士の給料が安いのには理由があった!

254244こんなに保育士不足が叫ばれているのに、どうして保育士の給料はこんなに安いのでしょうか?

まず、認可保育園の運営費について調べてたところ、主な収入源は

  • 国からの補助金・負担金
  • 保護者が支払う保育料
  • 都道府県からの補助金・負担金

などが保育園に支払われる主な収入源となっています。

これだけ見ると、「沢山貰えてるのにどうして?」と思ってしまいますが、子ども一人当たりの保育料が決められているので、その人数に見合った補助金しか受け取ることが出来ないのが現状で、一般企業のように業績を上げて給料をアップするということが不可能なんです。

給料を上げるために子どもの定員数を増やしている園もありますが、一人の保育士が子どもを見ることのできる数は国の配置基準によって定められているので、人数が増えれば、その分保育士を雇用しなければならない義務があり、勤続年数が増えてもなかなか給料が上がらず、自分の給料だけでは生活していけないのが現状なのです。

近年では男性保育士の方も増えていると言われていますが、こんな給料じゃ家庭を持つことさえ厳しいですよね…

保育士の給料が安い主な理由をまとめると、人件費を減らすことでしか利益が生まれない職業だということがよく分かります。

では、実際に保育士さんはどれくらいのお給料を毎月貰っているのでしょうか?

保育士の給料・年収の平均はいくら?

243747厚生労働省が実施している保育士給料調査の結果、26年度の平均年収は317万円とほぼ横ばいの傾向にあります。

 

  • 平均年齢:34.8歳
  • 勤続年数:7.6年
  • 平均月収:216.100円

資料出所:厚生労働省平成26年賃金構造基本統計調査より

平均するとそこそこあるように感じますが、初任給は手取り13万円台が主流で、40代後半でも一般企業の新卒の月収ほどしかもらえない園もあるようです。

こんなに少ない給料じゃ欲しい物も買えない貯金すら出来ない状況に陥ってしまうと思います。

そんな保育士の給料に対する不満や悩みを集めてみたので紹介したいと思います。

保育士が抱える給与に対する不満の現実

保育士が抱える給料問題ですが、現在保育士として働いている先生の不満を集めてみたのでご覧ください。

資格を持って働いているのに、資格手当なんてスズメの涙程しかもらえません。
なんで最低賃金に近い金額で働かなければいけないのでしょうか?
本当に辛いです。(24歳女性)

 

毎日平均3時間の残業をしているのに、残業代がついた形跡はありません。
本当は残業代をつけてほしいと言いたいのですが、上司も付いていないので言いづらいです。(28歳女性)

 

子どもと関わる仕事がしたくて保育士となり就職しましたが、給料が安すぎて結婚を考えることが出来ません。
このまま給料が上がらないなら転職も視野に入れて考えています。 (20代男性)

 

仕事を任される量はどんどん増えているのに、新卒と変わらない給料に納得がいきません。
手取り15万円って何が出来るの?ちなみに私は一人暮らしです。 (32歳女性)

 

子ども達の命を預かる責任のある仕事なのに、この給料では割に合いません…。
ボーナスも基本給が低いのでとても少なくびっくりする金額です。
娘が今年小学校教諭になりましたが、給料がほとんど変わらない…。
なんだか笑えてきました。ちなみに勤続年数30年です。(40代女性)

みなさん仕事にやりがいと責任をもって取り組んでおられますが、給料に関してはシビアな口コミが多いと感じました。

実際、私も上記のような給与に対しての不満を持った事は多々ありました。

私は給料がそれなりに貰える別の保育園に転職したので続けてこれてますが、もし、あのまま辞めずに続けていたら、この歳になっても変わらない給料で働いていたかもしれません。

この仕事は本当にストレスが溜まるし、神経をすり減らしながら働かなければいけませんが、その分やりがいを大いに感じれる仕事でもあります。

だからこそ、もう少し現場の意見を汲んだ給料体系になっていくことを切に願っていますが、年収を少しでも上げるためにはどうするのがいいのでしょうか?

保育士として年収アップするために

112622保育士の年収は全体的には低い部類に入りますが、それはあくまでも平均。

転職をすることによって給料がアップする可能性も十分にあります。

しかし、保育業界は給料面以外にも、人間関係や保護者対応などの問題も抱えているので、一概に転職した方が絶対に良いですよとは言い切れません。

ですが、給料面の待遇に不満をもっているなら、転職という道を検討してみる価値は間違いなくあると思います。

現在、処遇が低いという理由で、保育士の資格がありながら保育士として働いていない「潜在保育士」の数は60万人を超えていると言われています。

もう少し、給料体系を見直し、保育士が働きやすい環境づくりに国が人力を注いでくれるよう心から願っています。

shisdizokwm1ecb1483942109_1483942139保育士の転職に強い求人サイトBest3

保育士バンク
保育士バンク求人件数50,000件超と保育士業界では圧倒的なシェアを誇る保育士求人サイト。北海道から沖縄まで全国の保育士の正社員やパートの保育士求人や、幼稚園教諭求人を探す事ができます

保育ひろば
保育ひろば日本全国の保育士求人を常時11,000件以上掲載している保育士求人サイト。正社員求人以外にも保育士派遣の紹介にも強いのが特徴。地域、雇用形態、施設形態、こだわり条件から目的の求人を簡単に探せます

スマイルサポート保育
スマイルサポート保育全国エリア対応の保育士求人サイトですが、特に関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木)の求人数が多いのが特徴です。無料登録後、キャリアアドバイザーからの電話連絡で本登録が完了します

サブコンテンツ

このページの先頭へ