保育士がストレスを抱えてしまう原因7選 | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

保育士がストレスを抱えてしまう原因7選

107309保育士として働いていると、子どもは好きなんだけど人間関係で疲れたり、ストレスを抱えてしまうことも多いと思います。

特にこの保育士業界は、看護師業界と並ぶくらい女性が多い職場として知られており、女性特有の陰湿ないじめや衝突が起こりやすく、保育士を辞めてしまいたい…と思われる先生もたくさんいることでしょう。

では実際に保育士がストレスを感じる原因、要因は何なのでしょうか?体験談も含めて紹介したいと思います。

女性の多い職場にウンザリ!

250603近年、男性保育士も増えてきていますが、圧倒的に女性が多い職場だということに間違いはありません。

基本的に、女性は「感情的になりやすく、同意を求めたがる生き物」なので、男性よりもトラブルを起こしやすい傾向にあります。

そんな女性ばかりが集まっているのだから、ストレスや悩みが尽きないのも当たり前ですよね。

私も認可保育園に勤務していましたが、同僚間のトラブルがなくなる事は一度もありませんでした。

おそらく、どの園でも大小違いはあれど、少なからずこのような問題はあるのではないでしょうか?

とにかく人付き合いの問題は改善されにくく、一人で悩むのはとても危険です。

話しやすい友達や仲の良い同僚がいるなら相談するのもお勧めですが、本当に信頼できるのかしっかり見極めないと大変なことになりかねませんのでご注意ください。

保護者対応の難しさ

146650保育士の仕事は子ども達との関わりにスポットが当てられますが、実は保護者対応も重要な仕事の一部です。

特に最近の保護者は、モンスターペアレントと呼ばれる、理不尽な要求を突き付ける親も増えているので、ますます対応が難しくなってきています。

例えば、子どもが熱を出してしまい、保護者に連絡を入れた時、「お金を払って通わせてるのよ!定時まではしっかり見て当然でしょ」などと言ってくる保護者も中にはいます。

また、子ども同士の喧嘩で相手が少し突き飛ばしただけで

「うちの子が可哀想だから土下座して!」
「親のしつけはどうなってるの?謝罪の品もないの?」

等、びっくりするような親も沢山います。

そんな保護者とやり取りを続けていると、仕事をするのが辛い…仕事に行きたくない…などと思う保育士の方も多いのです。

もしモンスターペアレントに出会ったら、一人で抱え込まずに園長先生や主任に相談し、園全体で解決できるように働き掛けましょう。

勤務時間が長い

200531保育園は、早出から遅出まで長時間子どもを受け入れているので、勤務時間が長くなることも多く、それがストレスの原因となっています。

保育園では毎月行事が目白押しなので、準備や話し合いでのサービス残業もあり、なかなかプライベートの時間を確保しにくい職業。

書類やお手紙などの雑務もあるので、家でも仕事をしている先生がほとんどで、実質休みなんてありません。

そんな状況で働いていると、必ずと言っていいほど、みんなストレスを抱えています。

できれば早く帰宅できるのがベストですが、保育士をしている限り難しいと思うので

  • ストレスを発散できる趣味を見つける
  • 休日に仕事を忘れてリフレッシュする日を決める

なども効果的だと思います。是非試してみてくださいね。

持ち帰りの仕事が多い

251765勤務時間が長いという項目でも書きましたが、保育士の持ち帰りの仕事は本当に多いです。

  • 明日保育園で作る作品の準備
  • 発表会の衣装作り
  • お便りの作成
  • 園で出来なかった書き物

等、とにかく沢山あっていつも大変。

また、ピアノの練習などは時間がなくて園では出来ないので、毎月の歌などの伴奏を家で練習したりと常に忙しい日々を過ごさなければなりません。

毎日こんな生活が続くと、ストレスだけでなく、疲れが溜まってしまうので困りますね。

体力的に辛い、きつい

272468保育士の仕事は思ったより重労働。

ですから、体を傷めることも日常茶飯事です。

例えば、子どもの身長に合わせて中腰になる事で腰痛を患ったり、長時間子どもを抱っこすることによって肩こりがひどくなったり膝が痛くなったりと大変です。

また、子どもの体力に合わせて動き回るので、疲労も溜まる一方です。

そんな生活が続くと、肉体的な負担が精神的なストレスとなり、保育士を退職するケースもよくあります。

そんな時は、上手に休憩を取りながら、時にはマッサージなどで癒されるのも良いストレス解消になると思います。

ある程度キャリアがある先生なら、息抜きの仕方も上手なんですが、まだ若い保育士だと、これが上手くない。

休める時はしっかりと休むのも仕事の内ですよ。

派閥がある園が多い

280685派閥と聞けば恐いイメージがありますが

  • 「単純に〇〇先生と仲がいい」
  • 「△△先生とは合わない」

という園が多いように感じます。

このような派閥があると、意見が言いにくい状態になるので、とても仕事がし辛くなります。

知り合いの園では、派閥同士が無視をするなど、行き過ぎた行動が目立ったため、指導が入ったケースもあります。

派閥が幅を利かせている園では、グループに所属していない保育士がストレスを抱える場合が多く、それが退職の原因になる場合も多く、大きな問題にもなっています。

そんな時は

  • 派閥に入っていない先生に相談する
  • 他の保育園に転職する

事も視野に入れて考えることをお勧めします。

子どもとの関わり方が分からない

113327子どもが好きで保育士になったけれど、いざ関わってみると、子どもの心情を読み取ったり、沢山の子どもの状態を把握しなければいけないのでパニックに陥る保育士も大勢います。

子育てを終えた先生から聞いた話なのですが、「自分の子を育てるのと、保育士の仕事は全く別だから本当に難しい」と言われていました。

実は子育てのプロとして保育に携わるという事はとても難しいのです。

子ども達は沢山いますが、先生はあなた一人という状態で、個々の行動を見て良いところを褒め、悪いところを叱るなど的確な判断が必要です。

そんな状況をストレスと感じる先生も多くいますが、子ども達の笑顔を思い出し癒されたり、他の先生の保育を観察して盗む事も大切です。

イライラすることが完全に無くなることはないと思いますが、自分の意識を改善することによって不安感やイラつきを軽減することができると思うので、参考にしてみてくださいね。

shisdizokwm1ecb1483942109_1483942139保育士の転職に強い求人サイトBest3

保育士バンク
保育士バンク求人件数50,000件超と保育士業界では圧倒的なシェアを誇る保育士求人サイト。北海道から沖縄まで全国の保育士の正社員やパートの保育士求人や、幼稚園教諭求人を探す事ができます

保育ひろば
保育ひろば日本全国の保育士求人を常時11,000件以上掲載している保育士求人サイト。正社員求人以外にも保育士派遣の紹介にも強いのが特徴。地域、雇用形態、施設形態、こだわり条件から目的の求人を簡単に探せます

スマイルサポート保育
スマイルサポート保育全国エリア対応の保育士求人サイトですが、特に関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木)の求人数が多いのが特徴です。無料登録後、キャリアアドバイザーからの電話連絡で本登録が完了します

サブコンテンツ

このページの先頭へ