やりがいを感じられなくなってしまった保育士の解決策 | 保育士辞めたい・・先生たちの転職の実態

やりがいを感じられなくなってしまった保育士の解決策

198183保育士というのは、子どもの成長を手助けする大切な仕事なので、とてもやりがいがある職業だと思いますが、その分、先生の責任は重く、毎日プレッシャーと戦っていると言っても過言ではありません。

新人保育士の時は、毎日が目新しく、少しでも先輩保育士に近づきたい一心で努力したり、子ども達と日々関わるだけで仕事に対する面白さを感じることが出来ていました。

しかし、働き始めて何年か経つと、子ども達の成長は嬉しいのですが、以前ほど喜べなかったり、業務内容にも慣れて効率よく作業をこなす事ばかりを優先してしまったりと、仕事に手応えを感じなくなるケースも多くなります。

実際、働いている保育士さんの声を集めると、子ども達は可愛いし、職場が嫌いな訳じゃない…

でも「やりがいを感じられなくなった…」という方が沢山おられました。

どうしたらやりがいを感じることができるのでしょうか?

保育士ならではの解決策を紹介していきたいと思います。

保育士のやりがいってなんだろう?

255457近年、保育現場では、人材不足や待機児童の増加で保育士のニーズが高まってきていますが、給料が低いことや、仕事の内容が過酷すぎる事を理由に、保育士を諦めるという選択をする人が後を絶ちません。

そんな中、保育士を続ける方のモチベーションに大きく貢献しているのが「やりがい」だと言われています。

では、実際保育士がやりがいを感じるのってどんな時なのでしょうか?いくつか紹介したいと思います。

  • 子どもの成長のお手伝いができた時
  • 仕事を通して社会貢献ができた時
  • 行事を成功させることによって達成感を感じることができた時
  • 保護者からの感謝の言葉を聞いた時

現役保育士の意見を集めると、上記のような意見が出てきました。

保育園で毎日働いていると辛いことや苦しいことも沢山ありますが、こんなに他人に感謝される仕事は中々ないと私は思います。

しかし、現実には目標を見失ってしまう保育士も多く、どうにか悩みを解決してあげたいですよね。

何でやりがいを見いだせなくなってしまうのでしょうか?原因をいくつかご紹介します。

何故、やりがいを見失ってしまったの?

081976念願の保育士になり、希望に満ち溢れていた時期もあったと思いますが、それだけでは続かないのが先生という仕事。

何故なら、仕事は挑戦しがいもありますが、辛いことや苦しいことも沢山あって悩みが絶えないからというのが大きな原因ですね。

例えば、先生の仕事は登園してくる子どもと単に遊んでれば良いわけではなく、生活場面や精神的に疲れたり、無理をしていないかを常に気を配り、一対一での関わりを求められています。

事実、新任の新人保育士の頃は、毎日無我夢中で過ぎていく日々を充実した気持ちで受け止めていました。

しかし、最近では精神的に不安定な子どもも昔より増え、子どもとの関係作りがが難しくなっている園も少なくありません。

また、保育士の勤務時間は長く、プライベートの時間が持ちにくい上に、体力的にも辛い場面が多いので、必然的に疲労が蓄積しやすくなってしまいます。

他にも、保護者と直に関わる事が多い職業なので、時には攻撃的に発言してくるモンスターペアレントやクレーマーに悩まされる事もあり、仕事が嫌になる事もあるのです。

保育園で働く以上、常に千差万別の対応力が求められるため、失敗や挫折も多く、次第にモチベーションを保つのが難しくなってしまう傾向にあるのです。

では、どうしたら新人保育士の頃のように、新鮮な気持ちで働くことが出来るのでしょうか?

またやりがいを持って仕事に臨みたい!解決方法は?

242800「保育士になりたい」という夢を達成しているあなたは、間違いなく子どもが好きだと思います。

先生というこの職業は、責任の重さや精神的・肉体的に辛いのに給料は少ないという割に合わない部分も多々ありますが、それでも保育士を続けている方がいる以上、そこにはお金や辛さに変え難い喜びがあるからです。

本当に当たり前の事なんですが、子どもの笑顔を見ると自分も嬉しくなったり、子ども達一人一人の成長を見守る中で「ありがとう先生」と声をかけてもらえるだけで今までの苦労が報われるような気さえしてきます。

実は、やりがいとはこんな些細な出来事の積み重ねで感じられるものではないでしょうか?

まずは、初心に返って、子ども達一人一人の声を聞いて関わってみてください。

耳を澄ませば

「この子こんなに可愛いところがあったんだー」
「前はできなかったのにこんなに上手に出来るようになってる」
「今はこんな遊びが好きなのね」
「来年も先生と一緒がいい!なんて嬉しいこと言ってくれる」

子ども達はキラキラした目で話しかけてくれることでしょう。

そんな子ども達を見るだけで、疲れなんて飛んでしまうのが保育士という仕事の原動力だと私は思っています。

保育士を辞めてしまうのは簡単ですが、未来を担う大切な子ども達に関わる仕事なんて、なかなか出来ることではありません。

心が折れそうな時も訪れますが、もう一度、自分自身を見つめ直すきっかけになれば幸いです。

shisdizokwm1ecb1483942109_1483942139保育士の転職に強い求人サイトBest3

保育士バンク
保育士バンク求人件数50,000件超と保育士業界では圧倒的なシェアを誇る保育士求人サイト。北海道から沖縄まで全国の保育士の正社員やパートの保育士求人や、幼稚園教諭求人を探す事ができます

保育ひろば
保育ひろば日本全国の保育士求人を常時11,000件以上掲載している保育士求人サイト。正社員求人以外にも保育士派遣の紹介にも強いのが特徴。地域、雇用形態、施設形態、こだわり条件から目的の求人を簡単に探せます

スマイルサポート保育
スマイルサポート保育全国エリア対応の保育士求人サイトですが、特に関東地方(東京、神奈川、千葉、埼玉、茨木、栃木)の求人数が多いのが特徴です。無料登録後、キャリアアドバイザーからの電話連絡で本登録が完了します

サブコンテンツ

このページの先頭へ